保険適用の差し歯治療は安いけどデメリットも!

2020年2月5日差し歯

前歯が欠けてマスクをしている女性

運動中に転倒したり虫歯になってしまったりすることで、前歯が欠けてしまうといったことがあります。

奥歯の治療と異なり、前歯というのは人に見られる部分であり気を遣うものでもあります。そのために出来るだけ見た目を美しくした治療を行う人は多いのですが、健康保険を利用して差し歯治療をすることも出来るのです。

【安い費用で自然な差し歯!】前歯オールセラミック治療

保険外の差し歯が数万円から10万円を超えるといった高額であるのに対し、保険内で行えば3000~8000円といった安価で作ることが出来るといったメリットがあります。

保険適用の差し歯治療について

硬質レジンジャケット冠

硬質レジンジャケット冠といった方法があります。レジンというのはプラスチックの一種です。

安く作れるのですが経年とともに黄ばんでしまうといった点があります。耐久性が少し弱いという点がありますが、硬いものを食べるときには気を付けるといった方法で対処することは出来ます。

硬質レジン前装冠

硬質レジンジャケット冠よりも強度を保ち健康保険で治療したいということであれば、硬質レジン前装冠といった治療法があります。

これは正面から見える部分はレジンで覆われていますが、見えない裏側は金属で作られているものです。耐久性が弱い硬質レジンジャケット冠よりも強いというメリットがあります。

費用は8000円程度で作ることが出来るため、なるべく低予算で長持ちするものにしたいという場合にはこちらを採用される方が多いです。

前歯を保険の範囲内で差し歯にする場合はほとんどがこちらの硬質レジン前装冠になります。

保険適用だとどうしても審美面で劣る

前歯が欠けてマスクをしている女性

ところがレジンを使用した差し歯には注意したい点があります。

差し歯の変色以外にも、金属部分が徐々に溶けだして歯ぐきを黒く変色させてしまうことがあります。使われている金属が唾液などでイオン化することで溶けだしてしまうことが原因です。一度黒くなってしまった歯ぐきは、他の健康な歯ぐきを移植するしか元に戻すことが出来ません。

金属部分が溶けだしてしまうと、歯と歯の間に隙間が出来て汚れが溜まりやすくなります。虫歯リスクが高まってしまうのです。

いくら安く作れるからといってこうした差し歯を選択するということは、経年と共に訪れる変化にも気をつけなくてはならないのです。

最近では奥歯であればレジンでなくても、ハイブリッドセラミック(ハイブリッドレジン)といったセラミックの微粒子を混ぜ込んだ素材で保険が使えるようになりました。

技工士の手によって作られるのではなく機械で製作していきます。強度があがりコストも時間もかけずに製作することが可能となりました。

ですがこういった治療では経年劣化によりどうしても見た目が劣化してしまうため、本当に天然の歯のように自然な見た目にしたい前歯の治療などはやはりオールセラミックが向いています。

保険外治療を検討するときはそれぞれのメリットデメリットを理解して、自分に合った方法を選択することが大切です。


Posted by ふすま