奥歯の治療でオールセラミックを利用する値段

オールセラミック

虫歯など奥歯の治療を行う際に、多くの場合は保険診療内で対応することが出来る銀歯のインレーやクラウンを利用することが一般的です。

ただ口を開けた時に銀歯は治療をしたことが目立ってしまうことから審美的な目的として、元の歯の状態に近い仕上がりになるオールセラミックを利用した治療が注目されています。

オールセラミックは陶器を利用した素材となっており、プラスチックが混ざっているハイブリッドセラミックに比べて長期間使用しても変色が起こりにくいことや、耐久度が高いので奥歯など強く噛みしめる部位でも、割れたり欠けたりする心配が少ないメリットがあります。

ただオールセラミックは保険診療が利用できない特徴があるので、この治療を受けられる審美歯科を探して、自由診療として治療を受ける必要があります。

それと同時にある程度の値段も事前にチェックしておくことが重要になります。

奥歯のオールセラミック

通う歯科医院によって治療時の値段に差は出てきますが、一般的な相場としては虫歯の症状が軽い際に使用するインレーで7万円以上、症状が悪化してかぶせる必要がある場合に使用するクラウンでは、約10~15万円程となっています。

歯科医院によって費用は自由に設定することが出来ることから、これから通いたいと思っている審美歯科などがあれば予約などを入れる際に、ある程度の費用を電話などで確認しておくと費用面でのトラブルが起こりにくいメリットがあります。

奥歯の治療は大体が虫歯が原因と言われていますが、症状が軽ければ使用する詰め物も小さくなるので、症状の進行によって治療費は大きく変動します。

特に症状が悪化してしまい、根管治療と呼ばれる神経の処置を行う必要がある場合は、根管治療を施した部分に土台を埋め込むことが必要です。

この土台はコアと呼ばれ、特殊ファイバーで作られたコアを埋め込む場合、クラウンの施術代に合わせてコアの費用として約1万円の費用が追加されることも把握しておくことをおすすめします。

金額のみ考えるとオールセラミックを利用したインレーやクラウンの治療は、値段が高くて気軽に受けることが出来ないと保険診療内で抑える治療を受ける方は少なくありません。

しかし一般的な治療で使用されている銀歯の耐用年数は2~3年程と言われています。

そのため銀歯のクラウンを2年おきに交換することを考えると、かかる費用は40,000円程といわれています。

保険診療内とはいえ銀歯には確実な保証はない

保険診療内とはいえ銀歯には確実な保証はないので、万が一2年以内で再度インレーやクラウンの交換が必要となった場合、時に保険が適用されない実費での治療が必要となる可能性もでてくるので、長期間利用することが出来る自由診療の治療を受けたいと考える方も増えてきているのです。

またオールセラミックの治療を受けるメリットとして挙げられることが、施術を行った医院や病院によって差はありますが、約5年程度の保証期間が用意されており、生活の範囲内での破損などがあった場合には無償、あるいは安価での交換が可能になるなどアフターサービスが充実している点が大きな魅力です。

また素材的に力を入れて噛みしめてしまうと、割れやすいと言われていましたが、最近では徐々に素材が改良がされているので割れにくく、欠けない素材になってきているため見直されている治療素材の一つとなっています。

またハイブリッドタイプは、前側にある臼歯のみにしか使用できない素材となっていますが、この素材なら奥歯すべてに使用が可能なのでどのような部位の虫歯であっても対処することが出来る点も人気の理由となっています。

今後の保証なども考えて、通いやすいクリニック探しや口コミ評価などもきちんとチェックして治療を受けるようにしましょう。


Posted by ふすま