前歯の歯並びを矯正するならセラミック矯正もあります

オールセラミック

歯並びを整える方法には、ワイヤーのブラケットを付けて歯列矯正する方法が知られています。

長期間で少しずつ歯列を整える方法ですが、ブラケットを取り付けるため見た目が気になるなどデメリットもあります。

ワイヤー以外のマウスピースを使う方法や歯の裏側からの歯列矯正など方法はいくつかありますが、歯並びの状態によってはできない方法があったり、費用が高額になります。

短期間で歯並びを良くする方法にセラミックを使った方法があります。

この矯正方法のメリットのひとつは矯正期間が短い事があり、矯正期間は長くても3ヵ月程度です。

前歯が出っ歯や色が黒ずんでいるなどの症状も綺麗な状態に交換することも可能になります。

前歯の歯並びを矯正するならセラミック矯正

セラミックでの矯正の流れは、神経の治療後、仮歯の取り付けをして型取り、歯への取り付けとなり、歯を削りそこにセラミックを被せます。

一回に全ての施術をすることはできないため、2週間ごとに通院すると長くても2~3ヵ月は必要になります。

一般的な歯列矯正のブラケットの矯正は完了するまでに短くても2年は必要になるため、これらの歯列矯正方法と比べると短くて済みます。

またブラケットを使った歯列矯正は少しずつですが、無理矢理ワイヤーを使って動かすため、食事だけではなく生活の中でも痛みを感じることもあります。

またせっかく長期間かけて歯列矯正をしても歯が元の位置に戻ろうとする後戻りがあります。

セラミック矯正であれば、期間はブラケットの矯正に比べると短期間なので体への負担などは少なく、一度矯正をすることで後戻りなどの心配はなく、後戻りを防ぐための矯正後のマウスピースなどを装着することもないです。

セラミック矯正は、人工歯を被せるので、前歯が虫歯になり神経を失い黒くなった歯や黄ばんでいたり、左右不揃いの状態などの悩みも解消することができます。

素材を選ぶこともできます。

セラミックの素材

金属と合わせたメタルボンド、ジルコニアを使ったタイプなど使いたい素材を選ぶことが可能です。

元々黄ばんでいた歯を全て白い歯にすることも可能になります。

インプラントのように顎の骨に人工歯根を埋め込むような外科的な施術はしないため、腫れや出血、痛みなどの少なく、矯正をしている間は自然の歯の色に近い仮歯を入れるため、周りの人に矯正をしていることは気づかれにくいです。

メリットも多いですが、デメリットもあります。

この方法で強制するためには、歯を削ることになるという事です。

歯を削った部分に被せるためどのような場合であっても歯を削ることになります。

虫歯の場合には先に治療をしたり、歯並びが悪い場合には、神経を抜いて治療をする可能性もあります。

治療とはいえ、歯の神経を抜いて薬をつけることで歯は黒くなってしまいますが、削って上に被せるため色は気になることはありません。

経年劣化の可能性

人工歯を被せて施術をするため、経年劣化の可能性も否めません。

健康な状態の歯に比べると、削ってしまうため人工歯にしても削った部分の寿命は短くなってしまいます。

経験劣化が起こることで施術した部分が目立つ可能性も考えられます。

神経を抜いてしまった歯については虫歯になっていても痛みを感じることはないのですが、気づかずに虫歯が進行することもあります。

いくつかデメリットはありますが、矯正後に定期検診を受けることで、虫歯や歯の状態などを細かくチェックすることができ、早めに対応することができます。

経年劣化についても定期検診で確認し、劣化していることがわかると新しい人工歯に交換することも可能です。

前歯などの歯並びが気になる場合の矯正方法には、ブラケットを使った歯列矯正もありますが、自分の歯を削りセラミックを被せて歯列矯正をする方法もあります。

短期間に白い綺麗な歯にすることができるなどメリットも多いので、歯列矯正を考える際に選択肢として検討することも良い選択です。


Posted by ふすま